ソウル五輪の元陸上選手で熊本県議松野明美(まつのあけみ)氏が、
熊本地震からの補正予算案審議する13日の5月臨時会を
「所用のため」として欠席し東京都府中市で講演。

 

また2月にも「体調不良」仮病を使って本会議を欠席、
堺市で講演をしていた。

 

松野明美県議仮病議会欠席処罰は?
講演の謝礼金も調査します。

 

 

事件の経緯

 

 

元陸上選手で、熊本県議会議員の松野明美さんが、
熊本県議会を欠席して、東京で講演を行っていたことが
明らかになった。

 

松野議員は「講演会は半年前からの約束で、臨時議会が
何日になるかわからないということで、その辺りは、
どうしようかということは相談しております」と述べた。

 

熊本地震などに関する審議のため、5月13日に開かれた
臨時県議会を欠席して、同じ日に東京・府中市で行われた
イベントで子育てなどに関する講演を行っていた。

 

今回の欠席について、議会事務局には、届けを出していて、
本人は「病気のために欠席した」と話している。
Yahoo!ニュースより引用、抜粋

 

 

「反省している」と行っているとか。
ごめんなさい!で、済むんですかね。

 

県議ですからね。
市議会議員じゃない。
議員報酬だって、ハンパじゃないのだ。
   28年度議員報酬(要求額):708,500 (月額)(熊本HPより)
   多少の違いはあるかもしれないが、同じ位はあるはず。

 

こんなにいわゆる月給があり、この他に政務活動費が数百万あるのではないか。
それで、尚且つ、偽って講演に行って講演料も受取っている。

 

テレビの報道で、本人は議員としての延長での、活動としても解釈していた
様な事も言ってるが、であれば、政務活動で得た金として、報酬は県に提供
すべきがスジなのではないかと思えるのだが。

 


スポンサードリンク

 

仮病で議会欠席の処罰

 

虚偽の届け出で議会を欠席した場合、どういう処罰があるのか。
「ごめんなさい」で済まない場合どうなるのか調べてみた。

他の市会や県会で同様の事があった場合の処遇を調べたが、はっきりした
処罰が見つからなかった。
しかし、辞職勧告や議員報酬の返納、議員資格停止(辞任)などが
ある様だ。

恐らくこれから熊本県議会で、その辺の事も糾弾されて行くのではないか。

 

 

講演の謝礼金

 

氏名 松野 明美(まつの あけみ)
ジャンル スポーツ 陸上競技 タレント 経験・体験談 家族 現職 元マラソンランナー/タレント
経歴 熊本県生まれ。

 

高校卒業後、大手スーパーのニコニコ堂に入社し同女子陸上部に所属。
1988年、ソウルオリンピック(女子10000m)で日本新記録を樹立。
その後も国内外で開催される駅伝やロードレースに出場し、
多くの記録を塗りかえる。
1991年、世界陸上東京大会(女子10000m)のトラックレースを最後に
フルマラソンに転向。初マラソンである92年の大阪国際女子マラソンや
日本代表として出場した世界選手権大会(マラソン)でも好成績を出す。

 

身長147センチメートルの小さな体で全力を出し切り、
ゴール直前に倒れる姿が印象的で注目を集めた。

95年引退後は後進への指導のほか、
テレビでのタレント活動、講演・イベント活動など積極的に活動中。

講演テーマ 「私がマラソンから学んだもの」「夢を描いて素敵に生きる」
著書
メディア
講演料金の目安 50万円~100万円
株式会社エスエンタープライズ HPより

 

 

以上からすると50万円~100万円になる。
結構、おいしい金額だ。
 
1~2時間で得られる金額なら最高だ。
これなら、議会に出ているより金になると計算してしまうのも・・
 
しかし、県会議員なのだから、そこはガマンしなきゃ!

 

スポンサードリンク