タレントの宮地佑紀生(みやちゆきお)が東海ラジオの生放送中に、
タレントの神野三枝(じんのみえ)さんに10日間のけがをさせてしまった。
何が原因で本番中にしてしまったのか。
 
宮地佑紀生はこれで降板確定に!
乱暴原因年収も気になり調査。

 

 

事件の経緯

 

“宮地容疑者の番組打ち切り、東海ラジオが謝罪”
事件があった番組は「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」。
 
生放送のラジオ番組中に、タレントの神野三枝(じんのみえ)さんを
蹴ったとして30日、名古屋市瑞穂区初日町1丁目のタレント
宮地由紀男(67歳)を逮捕した。
「間違いありません」と認めているという。

 

千種署によると、宮地は27日午後2時55分ごろ、東海ラジオの
スタジオで生放送中、タレントの神野三枝さんの左ひざを数回蹴り、
マイクで唇を殴り、約10日間のけがを負わせた疑いがある。
同署は動機などを調べている。
Yahoo!ニュース(6月30日11時46分)より引用、抜粋

 

19年間も放送している長寿番組「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」
生放送中の出来事というが、今まで無かったのが不思議だ。
似たような事は無かったのか。
 
女性タレント神野三枝(じんのみえ)さん(50歳)の左脚を数回蹴ったり、
放送用マイクで唇を殴ったりして、10日間のけがを負わせたというが、
ただ手でビンタしたのとは違って、ずいぶんなやり方をしたものだ。
 
被害を受けた神野さんは、「これまで威圧的な態度をとられることはあったが、
こんなやり方を受けたのは初めてだった」とか。

 

スポンサードリンク

 

宮地佑紀生は降板が確定

 

まあ、これだけの事をしてしまったのだから、仕方がないだろう。
とは、大方のファンだった人たちの感想。
 

 
東海ラジオの宇多秀行取締役は30日、「極めて遺憾で残念。
事件の経緯については、現在調査中です」とのコメントを発表。

同局は、放送開始時間の同日午後1時、事件を報じた上で、番組の打ち切りを伝えた。
Yahoo!ニュース(6月30日11時46分)より引用、抜粋

 
降板のみならず、番組そのものが無くなってしまった。
また、両名とも、もしかしたらこの業界自体から、末梢という事に
なるかも知れない。

 

今回の原因は

 

たった一瞬の場面で番組打ち切りまでになってしまった。
日頃、宮地が言っていた言葉を、皮肉にも自分が証明してしまう事になろうとは
思ってもいなかっただろう。
「信頼を得るのは長い年月がかかるけど、失うのは一瞬だよ」
っていう事を。
 
でも、いい歳こいて、この位の判断が瞬間でもできないわけがないと思うのだ・・・
というか、よっぽどの、判断を狂わせるほどの内容のやり取りがあったとしか
考え様がない。
そこで、ネット上も含め、探しまくってみた。
 
一番、近いものが以下であった。
宮地の娘が、風俗嬢やってるかのように神野三枝から言われ、
瞬間湯沸かし器に火がついてしまったようなのである。
 
元々両者の身内を皮肉混じりにやじることはあったらしいが、ここまで
酷くは無かった様なのだ。
それが、今回は宮地の娘の事が野次られキレてしまった。
抑えることが出来なかったという事だ。
 
確かにこの内容ならブチ切れるかも知れない、と同情する向きの声も多い。
反面、
しかし、事実と全くかけ離れているなら歯牙にもかけず、笑い飛ばすという
あしらい方もあるのでは・・・とも。
 
結果からはなんとでも言える。
本当のところは、まだ判明してない。

 

【関連記事】神野三枝(じんのみえ)の出身学校や実家は?所属事務所とけがの賠償

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク