カテゴリー:社会・時事の記事一覧

素敵な暮らしのかわら版

素敵な暮らしの味付けに旬な話題もどうぞ・・・

カテゴリー:社会・時事

世界最速認定チーター(サラ)安楽死!寿命15歳はおばあちゃん?

2012年に世界最速の陸上哺乳類と認定されたチーターサラが、
15歳で安楽死したとか。

 

米国オハイオ州のシンシナティ動植物園で飼育されていたとの事ですが、
「生活の質が低下した」ということでの理由で安楽死になったようです。

 

チーターのサラ

 

どういうことなのでしょうか・・

 

 

チーターの15歳って、もう、おばあちゃんなのでしょうか

 

チーター
まるで人間の生活と同じ感じですが、世界記録を保持すると、動物も待遇が
違ってくるのでしょうか。

 

その最速の実績は、100メートルを5.95秒(時速98.2キロ)で走り抜け、
09年に残した自らの世界記録6.13秒を更新したって・・・

 

別に記録を覚えていて、自ら挑戦したわけではないのでは・・・

 

しかもこの早さは、あのオリンピック記録を保持するジャマイカのウサインボルト選手を
3秒以上超える速さだっていうから凄いって・・・・

 

逆にウサインボルトの凄さを再確認しました。
だってチーターは4本脚だし、ウサインボルトは2本脚・・・
って、そういう問題じゃないって?

 

ところでチーターの寿命は何歳なのでしょうね。

 

体長は1.2~1.5メートルにもなるチーターの寿命は平均12~14年ということですから、
サラは15歳ですから、長寿になるわけです。
ちなみに長寿記録は多摩動物公園のアフリカチーター「ジーナ」で16歳。

 

駿足のチーターは、全身をバネの様に使って高速スピードを出すため、
寿命もこの15歳が限界なのかな?なんて勝手に思っているのですが・・・

 

スタートダッシュの凄さは、他の動物より群を抜いてます。
約3秒で時速96キロに加速でき、最高時速は100キロを超えてしまいます。

 

しかし持続力がなく、400メートルくらいしか走ることができないのです。
それ以上は追いかけることができないため、400メートル以内で獲物を仕留めないと
おまんまの食い上げになってしまうのです。

 

チーターが最速を出すことができるのは、足のかぎづめにもその秘密があります。
靴のスパイクの様に地面にガッチリ食い込み、しっかり地面を蹴ることができるのです。

 

チーターの頭も小さく、身体も流線型になっていて、とにかく高速化のために全てが
できているのです。

 

ただまっすぐ疾走するだけでは獲物は捕まえられない訳で、走りながら急な方向転換も
可能にするための長いしっぽがあるのです。

 

こうしてみると、その進化の過程は、とにかく誰よりも早く走って、獲物を仕留める
ということに特化したもののように思えます。

 


スポンサードリンク

タクシーに幽霊(工藤優花)を卒論に選んだワケは?著書の内容も!

被災地(宮城県石巻市)のタクシー運転手が体験した、タクシーに乗ってきた
幽霊がいた現象のことを卒論に選んで作成したことが、新聞で取り上げられ
話題になってます。

 

書いたのは東北学院大生の工藤優花(くどうゆか)さん。
20日には著書「呼び覚まされる霊性の震災学」の題名で新曜社(東京)
から出版もされる。

 

なぜ工藤優花さんは「タクシーに乗る幽霊」を卒論の題材に選んだのか、
その理由(ワケ)
や、著書「呼び覚まされる霊性の震災学」の内容

探ってみました。

 

タクシーに乗る幽霊を卒論に選んだワケは

 

工藤優花さんは秋田県の出身です。
この宮城の震災に遭った当事者でないこともあり、それほど切実なものは

なかったのかもしれません。

 

ですから震災でなくなった犠牲者については、一般の方と同じように

何千人といった単に数字でしか視ていなかったようです。

 

そもそも、東北学院大の社会学のゼミ生7人が参加して、人々は

震災による死」にはどう向き合い、感じてきたかをテーマに

フィールドワークを重ねてきたこともあり、卒論に選んだようです。
Yahoo!ニュースより引用抜粋

 

その中で、工藤優花さんは3年生の1年間に亘り毎週石巻に通って、

およそ100人の運転手の方に震災後に何か変わった体験はしてないかと

インタビューして行くうちに、7人の方が、その不思議な幽霊現象の

体験を話してくれたことから、卒論のテーマとして選んだようです。

 

その卒論に書かれている不思議な体験は、よく巷にあるショー的な

心霊現象とは少々違う感じがするのは、近くにいる大学生が生の

取材から得た脚色なしの報告書的な感じがするからなのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

著書「呼び覚まされる霊性の震災学」の内容

 

呼び覚まされる霊性の震災学

 

正式な名称は

 

『呼び覚まされる霊性の震災学──3・11生と死のはざまで』
東北学院大学震災の記録プロジェクト 金菱清(ゼミナール)編

 

東北学院大の金菱清教授(40)の指導の元でまとめられたもの。

 

主な内容
▶霊を乗せて走るタクシータクシードライバーの幽霊体験、
その真相とは?
▶わが子は記憶のなかで生きていると慰霊碑を抱きしめる遺族
(我が子をなくし「記憶」を伝えるために慰霊碑を建てた母親などに、
聞き取りをしたもの)
▶700体もの遺体を土中から掘り起こして改葬した葬儀社
(仮埋葬された遺体の掘り起こしにあたった葬儀社員の話)
▶津波のデッドラインを走る消防団員
▶骨組みだけが残った防災庁舎を震災遺構として保存するか

 

 第1章:死者たちが通う街:タクシードライバーの幽霊現象
 第2章:生ける死者の記憶を抱く:追悼/教訓を侵犯する慰霊碑
 第3章:震災遺構の「当事者性」を越えて:20年間の県有化の意義
 第4章:埋め墓/詣り墓を架橋する:両墓制が導く墓守りたちの追慕
 第5章:共感の反作用:被災者の社会的孤立と平等の死
 第6章:672ご遺体の掘り起し:葬儀業者の感情管理と関係性
 第7章:津波のデッドラインに飛び込む:消防団の合理的選択
 第8章:原発避難区域で殺生し続ける:猟友会のマイナー・サブシステンス

 

被災地の生と死の現場に迫るノンフィクション。
亡くなった肉親や津波犠牲者の存在をたしかに感じるという、
目にみえない霊性の世界に迫ります。

という案内です。

 

私的に率直な気持ちとして、この様な“霊性の世界”というテーマが、

大学の卒論として成り立つのかと感心しました。

 

どちらかと言えば「信じるか信じないかはあなた次第です」的な

分野と思う部分が強くて、大学生がまじめに取り組むのが不思議な

感じがしないでもないのです。

今後このレポートがどこまで反響を広げて行くか楽しみです。

東北学院大学ホームページより引用抜粋

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク